話題の情報生活密着|いぶき

話題情報や生活情報を伝えていきます!

身体にいい水をとろう!飲み水について

      2015/06/27

水と身体の関係
 健康について考えるとき、水は大変重要な役割を果たします。
人間の身体の70%以上は水で出来ていて、身体に必要な酸素や栄養素などを細胞に運んだり、有害な老廃物を排泄したりと、私たちが生命活動をしていく上で重要な役割を持っています。
 そんな大切な役割を持っている水ですから、安全でおいしい水を選ぶようにしたいですね。

 水は大きく分けると、「硬水」「軟水」の2種類になります。
2つの違いは、
「酸性」「アルカリ性」を示すpH値と、
「カルシウム」「マグネシウム」が含まれる量(硬度)です。
 日本人は比較的軟水を好む人が多いようです。
 ですが、何でも軟水がよいというわけではなく、コーヒーは硬度が高い方が美味しくなるといいます。
1日の水の摂取量
人が1日に必要な水分量は、体重に50mlをかけた数字になります。
食べ物から摂れる水分も計算に入れると、約1.5~2リットルの水分を摂ればいいということになります。
この必要水分量を摂ることによって新陳代謝が良くなり、血液をさらさらの状態にしてくれます。
 また、のどの渇きが出る前に水分を補給しておくとよいです。最近スポーツの世界では当たり前のように言われていますよね。
よい水の飲み方
 ただ、一度に1リットルも2リットルも水を飲んでしまっては、腎臓に負担がかかってしまいますので気を付けましょう。理想的なのは、1日に7~8回ぐらいに分けて水分補給をすることです。
朝起きたときは体の水分が失われていますので、朝食を摂る前に水を飲みましょう。朝食前に水を飲むことによって腸が運動をはじめ、便通が良くなります。あと、それぞれの食事前入浴の前後就寝前などに水分補給しましょう。
 いずれも、一度で一気に飲まないで、ゆっくりと時間をかけて飲みましょう。適切に水を摂ることによってダイエット効果もあるようですよ。

水道水は飲み水として適切なのか?また、アルカリイオン水、 海洋深層水、酸素水、水素水、ミネラルウォーター(無発泡タイプ)、ミネラルウォーター(発泡タイプ)、浄水器などの水はどうなのか? など・・・
また次の機会に書いていきたいと思います。

 - 健康 ,