話題の情報生活密着|いぶき

話題情報や生活情報を伝えていきます!

マダニに咬まれてかかるSFTSってどんな感染症?

   

マダニに咬まれると、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)という感染症で死に至るケースがあるようです。
このSFTS、致死率が6.3~30%という恐ろしい感染症です。
国内では年間10人以上が、このSFTSで死亡しています。
SFTSは1~2週間程度の潜伏期間を経て発症します。
症状は、
熱、おう吐、下痢、食欲低下、腹痛、筋肉痛
意識障害や失語などの神経症状
その他、
リンパ節が腫れる、皮下出血・下血などの出血
などです。
SFTSの主な感染経路はマダニですが、
患者の体液(血液など)との接触で、人から人への感染事例もあるようです。
SFTSには、いまのところ有効なワクチンや薬剤がありません
治療としては、症状に対する対応しか出来ないのが現状です。
〇マダニに咬まれた時の対処法
マダニは日本全国に生息していて、草むらなどでマダニが皮膚に取り付き、血を吸われる可能性があります。草むらなどに入るときは、肌の露出を避け、半袖や半ズボンなどで入らないようにしましょう。
マダニは10日ほど体に取り付いて、人間や動物の血を吸います。咬まれていても、かゆみや痛みを感じないことがあり、気づかない人も多いようです。
もし、皮膚にマダニが付いていても、自分で取ってはいけません!
マダニは、皮膚に口を深く差し込み、接着する物質を出して体を固定します。
そのため、無理矢理はがそうとすれば、マダニの体液が人体側に流れ込んできたり、皮膚の中にマダニの頭が残ってウイルスに感染したりするリスクが高まります。
マダニに咬まれてしまったなら、触らないようになるべく早く皮膚科に行きましょう
皮膚が出ている状態で草むらなどに入った場合は、
咬まれたかもしれないということを考え、
潜伏期間の1~2週間程度は体調に気を付けておいた方がよいですね。

 - 健康, 病気 , ,